相場観測シートの配列

 コンチさんからイザナミ基本画面の配列を聞かれましたので画像をアップします。
この順序でイザナミ側を配置してください。
W、X、Y、Z、AF列は使用しませんので任意の項目に変更してかまいません。

また、A列~R列は任意の条件付き書式のデータバーを使って、体裁をととのえてください。

相場観測シートT列以降の配列



株式システムトレード ブログランキングへ??
スポンサーサイト

トレードに信念を植えつける

 ナポレオンヒルのような表題である。(笑)
トレード未熟者である私が信念などと大それたことを書くのもはばかるが、
私が日々行っているトレーニング方法を書いてみる。

私は自分の売買ルール10個を毎日イザナミからコピーし各エクセルシート上に貼付けている。

売買ルール毎の成績をざっと見た後、すべての売買ルールを連結させ、現在から過去に向けてトレード記録を目で追うようにしている。
ここで、1銘柄損益が-10万以下は背景色紺色に黄文字、+10万以上は背景色赤に黄文字になるよう条件付書式を設定している。
また、日ごとの損益や、ドローダウンの損益項目をマウスでかぶせ、合計金額を見ていく。

こうすることで1日に1銘柄10万以上の負けトレードが3~4個出ることもあるが、その後に大きく勝ち越していく様子などつぶさに観察できる。
また、過去1年間の最大ドローダウン箇所、次に過去2年間、過去3年間と見ていきその時、自分がどのような精神状態になっていただろうかなどイメージしてみる。
これを日々継続することで、体内に、★よし勝てる!★ という信念が湧いてくるのである。

次にこのデータをピボットテーブルにしてみる。(ここは、VBAでボタン一発作成できる。)
そして、日々の損益をザ~と見ていく。つまり一日に何銘柄仕掛けようと、1トレードとみなすのである。
ここでも体内に、★よし勝てる!★という信念が湧いてくる。
こうしてシステムトレードは、確率と統計の数値ゲームであり、正の期待値を積み上げるカジノのオーナーと何ら変わらないということを確認している。

それにしても今日の記事は非常に重たかったですね・・・。

画像データはイザナミ結果であり、実運用とは異なります。
売買ルール連結シート

1行1日のピボットテーブル(イザナミ結果)
日計表ピボットテーブル


株式システムトレード ブログランキングへ