シストレと人間性

今日は休みなので朝から読書をしていました。
以前紹介した、『デイトレード マーケットで勝ち続けるための発想術』です。

この本は、売買ルールにつながるような内容は一切書かれていません。全て心理面や市場の構造に関することです。下記は私が特に好きなページです。内容は長くなりますので、もし書店に行かれることがあれば、立ち読みでもしてください。

『取引で成功するためには人間性を捨てなければならない。』P86
心理的に心地よいものはほとんどの場合間違ったものである。逆に、ある特定の戦略やアプローチが心理的に受け入れがたいものであれば、それが正しいものである確率は極めて大きい。(中略) つまり、ある一定の水準に到達したトレーダーは、自然な発想が逆転し、ほとんど非人間的ともいえるようになるのである。

『大多数が恐れをなして踏み込まないところにチャンスは潜んでいる。』P89
ポジションをとることが困難である取引ほど、その上昇幅が大きいことに気づいたことはあるだろうか。これはなぜか? (中略) それは、利益を得るチャンスが、大多数が躊躇するところに隠されているからである。

この本はAmazonのレビューが115もあり5っ星と4っ星で89です。私は3年くらい前に買いましたが、毎回読むたびにその時の自分のレベルに応じた気づきを得ますね。

ここ最近は私も人間的な感情が出てきて失敗続きですので、これからは人間性を捨ててトレードに臨みたいと思います。


ポチしていただくとありがたいです。
  にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ
ブログランキングへ  にほんブログ村
スポンサーサイト