チャート保存

私は毎日仕掛け銘柄や重要銘柄の分足チャートを保存しています。チャートはHyperSBIの登録銘柄チャートです。

3-18.jpg
こう書くと、面倒な作業を毎日本当に続けているのか、と思われるかもしれません。
作業が面倒であれば継続できませんよね。

実は私のチャート保存は毎日約10秒で終わります。
その方法ですが、Windowsに標準搭載されているSnippingToolを使っています。そしてこのツールのショートカットを画面下のタスクバーにピン留めしています。

スナイピングツール 
チャートの保存方法ですが、

① タスクバーに登録したSnippingToolをクリックします。
② 新規作成ボタンをクリックします。または、CTRL+Nを押します。
③ 保存する分足チャートをドロッグアンドドロップで範囲指定します。
④ 保存ボタンをクリックします。または、CTRL+Sを押します。
⑤ 保存フォルダが表示されますので、3-18などとファイル名を付けてエンターキーを押します。
以上で終了です。要した時間は約10秒程度です。この作業なら毎日なんのストレスもなく続けることができます。

スナイピングツール2 

また、保存ファイルの閲覧にはこちらもWindows標準搭載の『フォト』を使っています。

フォト 

このフォトの良いところは、マウスホイールで画像を高速に次々と閲覧できるところです。他のソフトでは、画像の移動は専ら矢印ボタンのクリックとなっていますが、この差は非常に大きいですね。

さて、この分足チャートの利用方法ですが、過去の検証データを確認したい場合。大負けしたチャートの確認。それとただパラパラとめくってチャートをみる。特に寄り付き後30分の分足とその後のトレンド、出来高との関係など見ていくと結構楽しめますよ!これは少しマイアックですかね?私はこの方法で昨年の11月からチャートを保存しています。よろしかったらご活用ください。

ポチしていただくとありがたいです。

株式システムトレード ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ
にほんブログ村
スポンサーサイト