危険な仕掛け金額

昨日から資金管理の勉強をしています。
『ラリーウイリアムズの短期売買法』『システムトレード・基本と原則』ブレント・ペンフォールド著(パンローリング)です。双方とも資金管理の項目があり、資金管理の重要性を説いています。あとラルフビンスの『資金管理大全』などあるようですが、内容が難しそうで私にはとても無理と思いますので購入していません。

私は性格的にどうしてもリスクを取りたくなる性格、平たく言えば大儲けしたくなる性格(笑)で、今の仕掛け金額はかなり大きめだと思います。800万の資金で平均仕掛け金額110万程です。それも毎日8銘柄前後、多い時には15銘柄以上トレードしています。

これが1部上場のボラの小さな銘柄や、底値圏からブレイクアウトの底固い銘柄ならこの程度の仕掛け金額はありと思いますが、私の仕掛け銘柄はボラの大きな銘柄です。今回かなりドローダウンを食らったことで再度資金管理を勉強しようと思ったわけです。

資金管理にもいろいろな方法がありますが、これがベストと言えるものはありません。当然トレード対象銘柄や、資金量、トレーダーの性格などありますので、各自が決めることでしょう。

結果としては、これまでのやり方を継続していきます。しかし今後200万のドローダウンが起こればさすがに仕掛け金額を減らします。逆マーチンゲール法ですね。負けたら仕掛け金額を減らす、勝ったら仕掛け金額を増やす。

私のブログで正確に勝ち負けを記していきますので、私がドローダウンを拡大させているなら、メシウマブログとしてお楽しみください。

ポチしていただくとありがたいです。

株式システムトレード ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ
にほんブログ村
スポンサーサイト