脱裁量宣言

本日確定利益48万 含み益6万

昨日はザラバ引け損で14万の利益を削りましたが、今日は一転、市場がお返しをしてくれました。7月は含み益合わせて71万です。これで今後多少の負けも気にせずにトレードできます。

そして、やはりシストレは素晴らしいですね。勝ったり負けたりしながらも、過去検証データと同じような勝ち負けの出方で推移していく。確率、統計の強力なエッジを感じます。

======================================

脱裁量宣言についてですが、

トレードオフという言葉があります。トレードを休むという意味ではありません。
一方を実現しようとすれば他方を犠牲にしなければならない関係を言います。
そして私の場合、シストレと裁量仕掛けはトレードオフの関係にあります。

シストレで利益を実現しようとするなら裁量を犠牲にしなければならない。

ここ最近、IPOやソフトブレーン、インスペック、シダーなど活況でした。とくにザラバを見るものとして、ガンガン上げていく強い銘柄を手をこまねいて見ているのはつらいものです。マウスの人差し指をポチッと押せば、何万、何十万と入って来るのに、とつい誘惑にかられます。

特に山っ気の強い私はこのような銘柄を見ると、ゾクゾクしてきます。これは、禁煙した後に一本だけならと、つい手を出したくなる感覚に似ています。

確かに裁量は面白いし夢があります。自分の感覚で仕掛けができますし、100万の仕掛けが300万、500万と大化けすることもあります。
しかし、一時的に味わった快感は脳内ドーパミンを大量に発生させ、次回も同じ快感を味わおうと、そのような暴騰銘柄に仕掛けていくことになります。
そして、その感覚が最高潮に達した時、大量仕掛けで一気に資金を失う可能性もあります。

シストレと裁量のマルチインカムができるのであれば、これまでもできていたはず。
しかしそうはならなかった。私のように裁量で儲ける才能が無い者はダボハゼのようになんにでも喰らいついてはいけません。規律が大切です。

そこで6月10日に裁量との決別宣言をし署名捺印しました。以降、裁量は一切やっていません。今後もやりません。

トレードは長い目で見ないといけません。一時的な高揚感でするものではないからです。長い期間に渡りコツコツと利益を積み上げていくものです。私にとってそれを実現する方法が規律とシストレです。


ポチっとしていただき、パチ頂くとやる気モリモリです。m(__)m

株式システムトレード ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ
にほんブログ村
スポンサーサイト