シストレと運、実証編

以前シストレと運というタイトルの記事(記事はこちら)を書いた。その実証となるような事例があったので書いてみる。

私の妻に40万で口座を作らせて6月から株取引をさせている話を以前書いた。その後の経過を書いてみようと思う。

5月終りの週に1週間ほど私の横に座らせやり方を教えた。妻は全くの初心者で、陰線、陽線の始値と終値がどちらになるのかが理解できないレベルであった。

ストラテジは私が一番信頼しているもので運用させた。私はこのストラテジでは多くの銘柄を仕掛けるが、妻には優先順位2銘柄×30万単位で仕掛けるように指示した。その後口座残高は順調に増えていき、資金が60万になった。それで、上位3銘柄×30万単位に変更させた。

そして私が6月絶好調であった以上に妻のほうが絶好調であった。それは、優先順位上位の一番おいしいところだけに仕掛けているからである。

そして妻の口座は6月末にはなんと、税引き後口座残高73万にまで達した。月利80%達成という驚異的な数字であった。

ところがである。翌月7月は私が大不調であったように、妻も連日負け続けた。私と違ったのは、あまり負けを気にせずに『最近なかなか勝てないね』くらいの反応でルール通りに継続したことである。そして、口座残高は44万まで減った。DD40%である。妻には口座残高が30万以下になったらやめようと言っていた。

しかし、私が8月もたついている間に妻はルール通りに行った。そして、現在DDを解消し76万まで戻している。

妻は運がよかった。6月に開始したからである。7月に開始していたら初月BIG_DDで撃沈していただろうと思う。そして、その後のDD回復の波にも乗れなかっただろう。

そこで言えることは、
① 運用開始にはDD分の余裕資金を必ず用意すること。
② ストラテジ完成後にすぐに運用を開始せずに、損益やチャートパターンが自分の想定にマッチしているかフォワードを見ること。
③ 運用開始には運不運が付きまとうことを覚悟すること。
などかなと思う。


ポチっとしていただき、パチ(拍手)して頂くとやる気モリモリです。m(__)m

株式システムトレード ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ
にほんブログ村
スポンサーサイト