メンタルを整える

本日確定損益 4万円
12月 第18日 月初より確定損益 24万

昨日S高で持ち越したインタートレードが7%のギャップダウンで撃沈した。
昨日は上げ下げしながらも前場に付けたスイングローを切らずに値を維持していたので、これは2時以降S高に貼りつくかもしれない。と思っていたら予想が的中した。

明日が、た・の・し・み、みたいに浮かれていたらこのありさまだ。
統計的に、寄らずS高以外のS高のGUは6%だが、私だけかもしれないが、最近S高翌日のGDが多いように感じる。その後インタートレードはS安に張り付いた。

来年の目標を達成するためにStrの組み替えとポジションサイズを変更しました。
よりアグレッシブに攻める場合、メンタル強化策が必要です。
メンタルは日々の資産の増減やDD、体調、個人的な悩みなど、いろいろなところからひずみを生じます。そして常に意識していないと、いつもの自分に戻ります。

メンタル本を読んでわかったような気になっても一時しのぎで何にもなりません。何事も自分で考え、自分で作って、自分で納得したものが習慣として定着します。

それで、私は以下の2点を実行しています。

① 『シストレの心得』を作る
トレード日記などに書いていることや、これまでの失敗例、注意点、確認事項など12項目をA4用紙に書出して、ラミネート加工しました。
この心得は読んでも1分もかかりませんから、トレード前に読むようにしています。
それとザラバ中でもチョイ見するようにしています。

このなかでちょっと気に入っているのか『ザラバで含み益が減るのは期待値の調整』という項目です。サラバで含み益が爆減すると心の痛みを感じます。しかし、それは取りすぎた利益が調整されているんだなと思うようにしました。

② 目追い表で勝ち負けの出方を書き出す。
これは以前にも記事にしましたが、イザナミ検証結果の過去2年ぐらい日付と日次損益を実際に手書きで書いていく方法です。

それで、月次を書き終わったらその月の、トレード数、損益、DDを書いていきます。手書きで書くことがポイントです。画面を見ても意識に定着しません。

特に大負けしているときにどの銘柄でどのStrが損失をだしているのだろう、など具体的に見てきます。そして数日後にはその損失を回復している状況などを確認して、やっぱり戻ったね!などと感じ取ります。

そうすると、ザラバの出来事は小さなことに思えてきます。ザラバの出来事を重大に感じるようになったら要注意です。

自分の思いどおりになった。⇒快
自分の思いどおりにならない。⇒苦

この感情に入ったらシストレの継続はできません。


ポチっとしていただき、パチ(拍手)して頂くとやる気モリモリです。m(__)m

株式システムトレード ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ
にほんブログ村

株システムトレードソフトイザナミ
スポンサーサイト