W指値の疑似検証

本日確定損益 13万円
3月 第3日 月初より確定損益 51万円

今日は行って来いで2時からちょい戻しでしたね。昼からガクン、ガクンと含み益が減っていきました。しかし結果的に利益が出せて良かったです。

さて、日足ベースのシストレ検証でW指値の検証はできません。例えば、寄付きで買って、+5%で利確、-5%で損切りの場合、どちらが先かわからないからです。

しかし、W指値を疑似的に検証する方法はあります。もちろん正確ではありません。寄付仕掛けとして、下図のように2つの条件式を組みます。そして、期待値を2つの平均とする方法です。画像は、利確5%、損切り
5%になっていますが、この変数をいろいろ変えて検証すると最適値が見つかります。

W指値 

例えば、利確が先の場合、期待値が1.5%、損切りが先の場合、期待値が0.3%なら、疑似的に期待値0.9%となります。もし、このように、利確、損切りどちらを先に執行しても期待値が正ならデイトレStrができます。もちろんフォワードをとるか、トレードステーションの分足チャートなどで実際の数値を取る必要はあると思いますが。

このデイトレのメリットは
① 資金効率が良い
② DDが小さい
③ DDが小さいので仕掛け金額が増やせる。

デメリットは
① 厳格な検証ができない。
② フォワードを取るのが面倒

私のあるStrで検証したら、期待値が1.5%と0.3%でした。日足ベースのほうが期待値が良いのでこのやり方は使っていませんが研究課題としては面白いと思います。

ポチっとしていただき、パチ(拍手)して頂くとやる気モリモリです。m(__)m

株式システムトレード ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ
にほんブログ村

株システムトレードソフトイザナミ
スポンサーサイト