寄り、前場引けデイトレ

以前デイトレ戦略neoというタイトルでデイトレ戦略を開発中と書いていました。
その後の経過ですが、W指値の疑似検証などを使って検証していますが、日足ベースより良い結果がえられません。

そもそも、イザナミを使って、デイトレStrを作る場合、
① 寄付き仕掛けで、利確損切りを指値OR逆差値で設定し、未成就の場合引け手仕舞い
② 指値OR逆差値で仕掛け、引け手仕舞い
③ 寄り引けで、仕掛け、手仕舞い

の3パターンしかありません。そして、この大引け手仕舞いしかできないことで、含み益がガンガン減っていくことにもなりがちです。

そこで、
④ 寄り仕掛け、前場引け手仕舞い

ができないものか?イメージとしては、前場上げた段階で手仕舞し、後場下げによる含み益の減少を食い止めるというものです。

2013年~2015年は高値圏順張りでは、前場上げても後場はそれほど下がりませんでしたが、2016年から、前場上げて後場下がるパターンが多くなってきています。そこで前場の含み益だけを取りに行く発想です。

そして検証するためのプログラムを組んでいます。まだ、検証は途中段階ですが、期待値は微減でDDは大幅縮小です。また、検証数が少ないので実用には至りませんが、しばらく検証と研究を重ねていこうと思います。

検証方法は少しややこしいのですが概略を記載します。
エクセル VBAのInternetExplorerオブジェクトを使ってインタネットエクスプローラを制御する方法です。

① イザナミで使えそうなベースストラテジを作る。
② 取引一覧をエクセルに貼付ける。
『株価データサイト k-db.com』の前場後場データを活用する。
http://k-db.com/stocks/〇〇〇〇-T/4h(〇は証券コード)
④ 別画面に上記サイトを表示させておく(デュアルモニタ必要)
⑤ エクセル上に張り付けたベースストラテジデータのC列をダブルクリックする。
⑥ 別モニターに表示させた『株価データサイト k-db.com』前場後場データが表示される。
⑦ 前場後場データが検証データの日付になるように、スクロール回数を、エクセル上の任意セルに記入しておく
⑧ マウスが電場後場データの画面をスクロールし指定の日付欄が表示される。
⑨ 該当日の前場終値データをエクセルに書き込むことを繰り返す。

なおVBAでインターネットエクスプローラを使う場合、参照設定で下記のライブラリを登録しておく必要があります。
Microsoft HTML Object Library
Microsoft Internet Controls

≪株価データサイトk-db.com≫
前場後場データ



エクセル画面


WOOKBOOK.png

宣言部分 
コード① 


≪注意≫
① コード記載は躊躇しましたが、一応載せておきます。但しコードへのご質問はお受けできません。
② コード記載例はあくまで私のパソコンに最適化されたものであり、そのままでは使えません。使う場合は各自カスタマイズしてください。
≪補足≫
私はVBAによるインターネットエクスプローラ制御は以下のサイトで習得しました。
http://www.vba-ie.net/


ポチっとしていただき、パチ(拍手)して頂くとやる気モリモリです。m(__)m

株式システムトレード ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ
にほんブログ村

株システムトレードソフトイザナミ
スポンサーサイト