トレステによる分足検証

先日分足検証の件を書きましたが、分足データベースを構築するのは難易度が高いです。
それで、アナログで検証する方法を紹介します。私もよく単発で検証しています。

まず、マネックス証券に口座を作ってトレードステーションをインストールする必要があります。信用口座を作ることで無料で利用できます。トレステは機能満載で最初は、何が何だかかわからないのでイライラしますが、何事も慣れです。いろいろなボタンやメニューを扱っているとその内にわかってきます。

さて、下図がトレステチャート画像です。

トレステチャート

5分足データを2016年1月から、直近まで表示しています。下のバーで画面をスライドさせることができます。
5分足は2007年10月から見れますが、私は2016年1月からで充分と思っているのでその期間で検証しています。

右端の表はデータボックスです。データボックスには4本値や出来高が表示されていますが、チャートを見やすくするために幅を縮めています。
そして、その上が銘柄コード入力枠です。ここで、銘柄コードを入力、エンターすると、チャートが変わります。

そして確認したい日時にデータボックスのスクロールバーをスライドさせます。すると、チャートがその日時に移動します。画像には表示されていませんが、チャート上をクリックするとその時間の4本値が小さな枠で表示されます。

さて、これをイザナミと連携してどのように活用するかですが、例えばデイトレ戦略があって、仕掛けを前日高値逆指値、損切りを前日安値指値に設定するストラテジを作り、イザナミで検証します。当然、日足レベルでは、前日高値、前日安値のどちらが先に来たかが分かりません。

それで、例えば500トレードしたのであれば、ランダムに100トレード程、確認してみるという方法もあります。これは面倒くさいと思われるでしょう。だから誰もやらない。誰もやらないからやる。

それに、チャートを多く見るとザラバを見ているときの感覚と違った冷静な目で見れます。多くの5分足を見ているといろいろとアイデアが湧いてきたリ、ザラバで急激な動きもいくらか冷静に見れるようになります。

そしてイザナミデータをエクセル上に貼付け、分足検証結果との差異を確認していくことで、strの優位性があるのか否かがある程度確認できます。

ポチっとしていただき、パチ(拍手)して頂くとやる気モリモリです。m(__)m
お問い合わせ、個別連絡は、ブログ右下段のメールフォームから。

株式システムトレード ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ
にほんブログ村

株システムトレードソフトイザナミ
スポンサーサイト