2017年9月トレード結果

9月 第20日 
確定損益 ▲16万円
当月確定損益 ▲47万円

本日も負けてダメダメの月でした。以下が今月の結果です。いろいろと実弾検証トレードをやったので、仕掛け金額平均は小さめになっています。 今月は月初の北朝鮮ミサイル発射と、空売りが逆指値スルーで損切りできず、▲32%の損失が痛かったです。

2017年9月トレード結果 
最近は成績が芳しくないので、昨日ブログをしばらく休止しようかなと思いました。負けているとブログの更新はかなり負担なんですよね。
しかし、よくよく考えたら2015年10月1日から今のシステムで始めて、今日でちょうど丸2年でした。

それで300万から始めて税引き後2470万になっています。純利益は2170万、年平均では1085万。サラリーマンの年収で考えると、年収1500万位の価値はあるんじゃないか。
そう思うと、そんなに悲観することでもないなーと思い、まだしばらくはブログ続けることにしました。

ただ文章が出ないときってのがあるので、その時は結果だけにします。例年10月は相性の良い月なんですが、来月もStrに身を任せてシストレ頑張っていきます。


ポチっとしていただき、パチ(拍手)して頂くとやる気モリモリです。m(__)m
お問い合わせ、個別連絡は、ブログ右下段のメールフォームから。

株式システムトレード ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ
にほんブログ村

株システムトレードソフトイザナミ

株システムトレードのトレジスタ・ストラテジーオンライン
スポンサーサイト

むなしさのみ

9月 第19日 
確定損益 ▲21万円
当月確定損益 ▲31万円

よーし、今日も見事に負けたことだし、元気よく行きましょうか。と言っても負けているときに書くことって無いんですよね。この上げ相場で売りじゃなくて全て買いで負けています。不思議に勝てません。あるのはむなしさのみ。


ポチっとしていただき、パチ(拍手)して頂くとやる気モリモリです。m(__)m
お問い合わせ、個別連絡は、ブログ右下段のメールフォームから。

株式システムトレード ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ
にほんブログ村

株システムトレードソフトイザナミ

株システムトレードのトレジスタ・ストラテジーオンライン

瞬買い

9月 第18日 
確定損益 8万円
当月確定損益 ▲10万円

トレードは大きく負けないことですね。そうすればいつかビックトレードに巡り合う。
今月は月初の北朝鮮リスクで多きく負けて、その後幾多のミスがあり、なかなかプラスに浮上できません。先日も書きましたが、勝ったり、負けたりしながらも、日次で税引き前6万の利益を出せば月次税引き後100万なんですよね。

さて今日は岡本硝子とYKTが強かったです。『板は厚いほうに動く』とはその通りで、いくら厚くても大口がパクっと喰ってきます。岡本硝子は、ザラバ一瞬下げると、瞬買いが入るので、アルゴが相場を作っているなと思いました。売買代金の半分以上はアルゴではないでしょうか。そして、S高にあった100万株3億も瞬買いされました。

後講釈になりますが、自分に言い聞かせるためにも書いています。
前場9時15分に261円で、前日比19%を付けた時点で材料を確認し監視しなくてはいけませんでした。そして押しが入ったら入る、入らなかったらスルーです。本日初動で、底値も限定されているので、リスクも少ない。

今後はこのような銘柄は見逃さないようにします。ただYKTに関しては連騰後の大幅GUなので、これに入るのは難しいです。寄りで入った方は蛮勇の持ち主ですね。しかし、この手法を多用すると、破産は早いです。


ポチっとしていただき、パチ(拍手)して頂くとやる気モリモリです。m(__)m
お問い合わせ、個別連絡は、ブログ右下段のメールフォームから。

株式システムトレード ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ
にほんブログ村

株システムトレードソフトイザナミ

株システムトレードのトレジスタ・ストラテジーオンライン

月次プラスは微妙

9月 第17日 
確定損益 11万円
当月確定損益 ▲18万円

今日勝ちましたが、月次プラスは微妙なところです。今日も後場1時から指数が垂れてきましたが、2時半からラストスパートで伸びました。私も量子コンピュータで盛り上がっているNF回路を仕掛けていたのですが、一時2200円まで落ちましたが、引けにかけて一時2500円まで急回復しました。この銘柄強いですね。

さて、私が好きな裁量、と言ってもルールは作っていますので、厳密には裁量ではないのですが、ザラバで急騰し、伸びきったときに空売りをかけるというものです。
急騰空売りのstrも作っていますが、結構過激で、30分で20%やられることもあります。それで、別トレードとして裁量もやってます。

そしてこの裁量ポイントは成功率が高いのですが、やってみると結構難しいです。それは、どこが天井かはやってみないとわからないし、そのままS高まで持っていかれることもあるからです。分足が伸びきって上げどまったと言っても、そこが押し目で2段上げになることもあるし、慎重になりすぎて、様子見していたら急落して仕掛けチャンスを逃すし。

一応参考にしているのは、①日足パターン、②日足上髭の頻度、③急騰の材料、④仕掛け位置と、S高までの間隔、あまり近いと超危険。⑤指数トレンド、⑥該当銘柄セクターの他の類似銘柄のトレンド、⑥10分間での急騰率、⑥デイトレそれも1時間程度の時間軸なので、貸借倍率などは見ません。

今日は日本コンピュータダイナミックをほぼ天井で裁量仕掛けし、その後の底値付近で利確し、6%ほどの利益でした。

買いで6%取るよりも、空売りで6%取るほうが簡単だと思います。それは、上げる銘柄を当てるより、下がりそうな銘柄を見つけることのほうが簡単だからです。
但しメンタルは3倍きついことだけは確かです。逆にメンタル的にきつくないようなポイントは利益率は薄いです。


ポチっとしていただき、パチ(拍手)して頂くとやる気モリモリです。m(__)m
お問い合わせ、個別連絡は、ブログ右下段のメールフォームから。

株式システムトレード ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ
にほんブログ村

株システムトレードソフトイザナミ

株システムトレードのトレジスタ・ストラテジーオンライン

システムトレーダーの強み

9月 第16日 
確定損益 37万円
当月確定損益 ▲29万円

いやーシストレって本当につらく苦しいものです。今日も2時半から利益が半分削られました。2~3割くらいなら何とかメンタル維持できますが、半分減るとさすがに滅入るなー。吹いた時に半分利確していれば、といつも思うし、正直この感情はなかなか克服できない。何年やっても克服できないのかな。本能まみれになっている今日この頃です。

さて、気分を変えて、土日は、Amazonで送料込み580円で取り寄せたトレード本の検証をしていました。
私はStrのネタ探しに、Amazonで自分が興味がある分野の本を探して、なか身検索で内容を確認して、レビューもある程度参考にして注文しています。
この場合トレード手法がしっかり書かれた本が良いですね。str作りに関しては、洋書の分厚いものより、日本人が書いたもののほうが、より日本市場にマッチしていて良いように感じます。

今回購入した書籍名は伏せますが、その本にはいくつかの手法が書かれていました。それらはイザナミだけでは正確に検証できないので、イザナミで基本部分を作って、該当する銘柄の4本値をエクセルに入力し、関数式を使って計算していきました。

この本のレビューは★の数があまり多くないのですが、私は★5つやっても良いと思いました。それは仕掛け、手仕舞い、損切りポイントがキッチリ計算できるように、数値化されているのと、その仕掛けポイントは私も納得のいく箇所だったからです。
漠然と、ここで、仕掛け、ここで手仕舞いなどと書かれたものは多いですが、数値で具体的に書かれたものは少ないように思います。

この本の話ではなく余談ですが、よく、横横から出来高を伴って急騰した日の翌日の寄付きで仕掛けましょう。などと書かれた本があります。チャートを見ると、2倍にも、3倍にも急騰しています。しかし、イザナミで検証して、急騰直前までチャートを戻すと、日足は横横じゃないんですよね。急騰したからそれ以前は横横に見えるだけなんです。

だから実際仕掛けるときには、横横じゃないチャートを見ていることになります。それにこの手法ってダマシのほうが圧倒的に多いですね。4本値だけではなく、やはり材料の強弱も関わってきます。
それで検証もせずに、本を信用し、いきなり実弾トレードし、3連敗したらもう真っ青で以後継続はなかなかできないでしょう。

話を戻して、その著者は初心者向けに、かなりリスクを抑えた内容で書かれていましたが、損切りを徹底したうえでリスクを取っていけば、かなりリターンが望める内容でした。
やはり、システムトレーダーの強みは検証力にあると思うんです。よく、Amazonで著者を批判したり、情報商材や投資セミナーに誘い込むフロントエンドなどと書かれているレビューを見かけるんですけど、

システムトレーダーにとって、そんなことはどうでも良くて。要は、その手法にエッジがあるのかを客観的に分析する検証力だと思うんです。それで、運用するに値しないとなれば破棄すればいい。

イザナミで検証すれば、ある程度の傾向と期待値はわかる。シストレやっていなかったら、証券コードをチャートに打ち込んでひとつひとつ見ていくしかない。それだと直近3ケ月も検証すればやーめた、となるでしょう。

一方シストレだと、過去数年の検証が簡単にできる。また、条件を変えることで期待値がどのように変わるかも一目瞭然。チャートも即見れる。こういったところがシストレの強みじゃないでしょうか。

はぁぁぁ、それにしても今日は疲れた。


ポチっとしていただき、パチ(拍手)して頂くとやる気モリモリです。m(__)m
お問い合わせ、個別連絡は、ブログ右下段のメールフォームから。

株式システムトレード ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ
にほんブログ村

株システムトレードソフトイザナミ

株システムトレードのトレジスタ・ストラテジーオンライン

トレンド

9月 第15日 
確定損益 23万円
当月確定損益 ▲66万円

私は下図のように、常に4市場のトレンドを見ながら参考にしているんですが、今日は北朝鮮が太平洋で水爆実験すると言ったからなのか寄付きからオーバーシュート気味でした。

チャート10時
それで、10時位に下落から少し反転の兆しを見せたので、システム裁量で6864エヌエフ回路を1732円の結果的にほぼ底値で仕掛けました。他のトレードはちょぼちょぼでこれが今日の利益の半分を占めでいます。

成功しやすいパターンは
① 仕掛け銘柄の指数が上昇トレンドにある。(ジャスダックのトレンドが上昇基調)
② 新興市場の個別銘柄の売買代金ランキング上位が、こぞって下落基調にある。
③ 該当銘柄のトレンドは上昇基調にある。
④ 該当銘柄が直近、市場の注目を集めている。
⑤ 該当銘柄が当日の下落率ランキングの中で他の銘柄より過剰反応して下げている。
⑥ 全体の指数が下落しきって反転の兆しを見せたときに仕掛ける。

私はIzaRssから、①売買代金、②前日比大、小、③当日比大、小をHypersbiにcsvで流し込んで5分足の動きを見ているのですが、これでだいたいの流れが分かります。IzaRssに登録しているのは新興、2部、および1部銘柄でデイトレに向きそうな銘柄およそ1700銘柄位です。

指数チャートのザラバの動きは、1部と新興が相関、逆相関など様々ですが、朝方から下げた場合はどこかでその勢いが弱まります。その後は反転する場合と、なべ底になる場合がありますが、このポイントでの仕掛けはリスクを小さく、利益は大きく伸ばせるポイントだと思っています。

最近は利益がちょぼちょぼだったので、今日のように20万取れると、ちょっと嬉しいですね。

ポチっとしていただき、パチ(拍手)して頂くとやる気モリモリです。m(__)m
お問い合わせ、個別連絡は、ブログ右下段のメールフォームから。

株式システムトレード ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ
にほんブログ村

株システムトレードソフトイザナミ

株システムトレードのトレジスタ・ストラテジーオンライン

今日も長文しちゃうゾッと♪♪

9月 第14日 
確定損益 4万円
当月確定損益 ▲89万円

今日も長文しちゃうゾッと♪♪

4年シストレやっているんですけど、いろいろと今後のことを考えています。トレードをするということは年間を通して利益を出し続けること。
そのための方法は…。となりますよね。

ちょっと横道にそれますが、トレードにおいてシストレで養った相場感覚は大切だと思うんです。シストレ以前は裁量でやってたんですが、その時期の資産曲線は、上下に蛇行するボックス圏。
データの裏付けが無いので、勝っては気が大きくなって、大きく張る。そして大損失、その繰り返しでした。

結構負けましたが、幸い退場に至るまでの損失は出なかったので何とか現在に至っています。要するに優位性のある売買ルールでやってなかったってことです。急騰に飛び乗り、後は運を天に任すみたいな。

当時はシストレ指標である、勝率、期待値、PR、PF、最大損失、最大利益、DD、平均保有日数、月次勝率、月次利益のばらつき、など全く気にしていませんでした。関心があるのは1トレードごとの勝ち負けだけ。

しかし、シストレして、自分の取引データを蓄積し、そのシストレ指標を見るにつけ、トレードとは、勝つこともある、負けることもある。しかし全体として勝っていけばよいということがわかるようになりました。

そのためにはstrをつくり、期待値と勝率、また許容DDと資金管理などを自分に合うように組み立てていく。今思えばシストレに出会わなかったら間違いなく退場していたと思います。まあ、シストレの効用はこのくらいにして、

そこで本題です。
私としては税引き後、年間1000万は確保したい、と思っています。
そのための資金は…、500万あればいけると思うんです。レバは2倍です。しかし、DDもあるので、予備資金であと200万位は用意します。

実際私も実トレードレベルで今年は月次で1億6000万程度の仕掛けなので日次に直すと700万程度です。

さて、年間1000万は税引き前で1260万、年間250営業日として、1日5万の利益を上げること。

そこでモデルとして、
200万×5銘柄で1日1000万の仕掛けとし、0.5%の期待値のある手法を探す。
それも、毎日必ず仕掛けができる手法を探す。いつ来るかわからないような売買ルールでは、ダメです。毎日のトレードでリズムが狂うんですね。

銘柄数を増やして分散投資をすると期待値が下がります。そこで少数銘柄に集中投資です。それにトレード数を増やすと管理が手薄になります。

売買手法ですが、2つで十分です。いろいろな引出しを持っていて、その場に応じて手法を切り替える。なんていうとかっこいいですが、そのような才覚は私にはありません。その代りその手法を徹底的に鍛える。例としては、急騰順張り、と急騰空売りです。そして、その分野のスペシャリストになる。買いが3本、売り2本の仕掛け。

勿論銘柄選びはエッジのあるものをイザナミで出して、急騰順張りは寄り直後9時5分~10分には仕掛ける。寄り仕掛けという選択肢もありますが、寄り直後の動きがわからないと成功確率が落ちます。そこで、5分足1~2本を見て仕掛ける。

急騰空売りについては、前場に急騰した銘柄で勢いがなくなったものに逆張りを仕掛ける。

できれば、手仕舞いはW指値で決めたいですね。損切りをタイトにすれば、200万仕掛けでもそれほどプレッシャーにはなりません。現在私もstrによっては200万仕掛けがあり、損切り設定を10%にしていますが、これでは大きすぎる。

それで損切り幅は3%の6万位。利益幅は5%の10万位、どちらにも達しない場合には引け手仕舞い。損切り3%では勝率と期待値は落ちるでしょうが、DDが小さくなり運用しやすくなります。

ボラの大きな銘柄の手仕舞いを引けまで延ばすとDDが大きくなります。私としてはコツコツと利益を積み重ねるタイプを構築したいなと思います。今運用中のstrはその逆ですね。損失が20%を超すこともあります。
それで、時間軸をできるだけ短いものにしていく。

余談ですが、今年、寄り引けデイトレで1銘柄に250万仕掛け70万損失を出したことがありました。ボラのある銘柄の時間軸を伸ばすとこのようなことが起こります。

それで、できるだけDDを小さくするために大きな期待値は望まない。その代り仕掛け金額を増やす。これが、ストレスなく継続できる方法ではないかと。

現在私の1銘柄の損失でストレスを感じる金額は15万位です。それで6万くらいならあまり気になりません。このように自分の許容度を考えて継続できるルールを作ることも大事だと思います。

まだ構想段階ですが、生き残るために、このようなことを考えている今日この頃です。


ポチっとしていただき、パチ(拍手)して頂くとやる気モリモリです。m(__)m
お問い合わせ、個別連絡は、ブログ右下段のメールフォームから。

株式システムトレード ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ
にほんブログ村

株システムトレードソフトイザナミ

株システムトレードのトレジスタ・ストラテジーオンライン

デイトレ空売り(長文)

9月 第13日 
確定損益 2万円
当月確定損益 ▲93万円

いやー奇跡!ついに勝ちましたよ、少しですけど。勝つって素晴らしいなぁ!
今日も負けると思ったので、以下のような文章を作っていたのですが。
------------------------------------------------------------------------------
あの~、今日も負けているんですけど…。
私の勝ち方持ち去った、そこのあなた!元の位置に戻しておいてくださいね。
負けが100万を超えたし、本来なら委縮して文章が書けないんですけど、逆張り目線で、今日は焼け酒ならぬ、焼け長文します。
------------------------------------------------------------------------------

さて昨日コメントを頂いたので、お題はデイトレ空売りで。
デイトレ空売りは、制度空売りと、Hyper空売りなどを使った空売りがあります。
Hyper空売りなどによる急騰空売りは、検証というより体験でわかってくる世界で、私の場合相当の授業料を相場に支払うことになりました。それで、そちらの内容は書けません。

さて、制度空売りのほうですが、下図は私が使っているデイトレ空売りのstrです。初期資金300万、50万仕掛け、手数料230円、レバ1.5倍
売り禁銘柄とかはその都度仕掛け不可銘柄に登録しているので、その結果です。

空売り1
空売り2

空売り3

■期待値と仕掛け銘柄数の関係

条件を緩くすればトレード数が増え、期待値が下がります。これはトレードスタイルによります。私は仕掛けはある一定数あったほうが毎日のトレードにリズムがでるので、条件を緩めにしています。これはその方のトレードスタイルの好みによると思います。

■売り禁銘柄と期待値
実際に空売りをしてみるとわかりますが、利益が出そうな銘柄は直前に売り禁銘柄になります。私は売り禁銘柄になったものは、イザナミ上では仕掛け不可銘柄に指定しています。

それで、仕掛け不可銘柄有りと、無しの双方で2016年からの検証結果でいえば、前者は利益550万、売り禁を入れた場合483万となりました。売り禁が入って13%の減収ですね。したがって、実際検証上ほど利益は上がりません。

■スリッページ
逆指値で損切り設定している場合にはスリッページが発生します。出来高大で瞬間急騰した場合、逆に出来高小で板がスカスカの場合、双方スリッページが発生します。これは売買代金設定である程度緩和できますが、じゃあ、売買代金が小さいものは期待値が無いのかと言えばそうでもない。ここのところは実トレードで売買代金の違いによる値の動き方を確認にしながら調整しないといけませんね。

■マーケットインパクト
私は寄付き前に楽天RSSで仕掛け銘柄を監視しているのですが、板の厚さによっては、自分の仕掛けで値が上がってしまいます。体感的には板の薄い銘柄は100万仕掛けると0.2%~0.5%(2000円~5000円)位ってところでしょうか。なので、引け成りで買い戻す場合も上記のようなマーケットインパクトで利益が削られることがあります。
よく、5分足チャートで終値のポイントをみると、自分の約定数で上がっている場合があります。こういったところは検証上ではわかりません。なので、実トレード結果重視となります。

■DD対策
デイトレ空売りの場合、検証ではある程度きれいな右肩上がりの資産曲線になると思います。しかしよく見ると時期によって深いDDや瞬間DD、長期のなべ底DDなどが発生します。遠くから資産曲線をみると滑らかであっても、現場は暴風雨です。踏み上げの連発で一気に損失が膨らむこともあります。ここで、メンタルが持つのか、上記項目の理由により検証上のDDより当然DDが大きくなるので、その認識が必要です。

私の体感では、買いと売りでは、売りのほうが恐怖は3倍といったところでしょうか。逆に空売りに慣れると、買いの仕掛けは怖くありません。毎日のザラバ5分足を見ているとわかるのですが、長陽線の赤三平はいくらでも出現しますが、長陰線の黒三平はよほどの不祥事や材料がないと出現しません。市場では圧倒的に買いで入るトレーダーが多いということです。そして一旦ブレイクすると多くのトレーダーがイナゴタワーと作ることに起因していると思います。

■逆指値スルー
大口が買ってきた場合、特買になって逆指値を通り越してS高に貼りつくことがあります。私も何回も経験しました。この場合相場の流れに身をゆだねるしかありません。買でヘッジすることも考えられますが、貼りついた場合買えません。

私はこういった場合、翌日も貼りついて50%の損を覚悟します。それ以上の場合もあるかもしれませんが、それはご愁傷様と言うしかないですね、

■エッジ
今年はデイトレ空売りはエッジがかなりなくなっていると思います。何も指数が上昇基調にあるからだけでは無いように思います。それなら2013~2016はもっと悪い結果になっているはずです。それ以外の何かがこのエッジを無くしていると思います。
ここが難しいところで、エッジが回復するのか、いつ回復するのか、それとも長期で逆エッジになるのか?こういったところは一向にわかりません。

シストレで一番悩ましいのは、このエッジが戻るのか?否かの判断です。当然strの条件は人間心理を突いている必要があります。なぜ、そこでエッジが生まれるのか?紙に3行くらいは書けないといけないと思います。

それであってもエッジの判定には苦労します。まあ、私がまだ知らないだけかもしれないし、中にはうまい判定方法を確立している方もいるとは思うのですが…。

ということでここまで書いてきて、検証結果の6割取れれば良しというところでしょうか?

■戯言
それにしてもSBI証券のHyper空売り料は高い。急騰銘柄は0.9%位になるものもあります。デイトレで0.9%とってどうするのっと言いたい。100万仕掛けたら9000円ですよ。これを見てもSBI証券は自社利益第一主義で、ユーザー目線ではないことが分かります。嫌いですねこういった証券会社。急騰したら空売り料を釣り上げていく。まあ資本主義市場を体現していると言えばそうでしょうけど。儲かっている分をいくらがユーザーに還元しろよと申し上げたい。

それに比べて楽天証券はユーザー目線でニーズを先取りして、ドンドン変化していくように感じます。特に100万以上のデイトレ(買い)で金利、手数料無しにしたというのはインパクトありますね。(いちにち信用の場合)


ポチっとしていただき、パチ(拍手)して頂くとやる気モリモリです。m(__)m
お問い合わせ、個別連絡は、ブログ右下段のメールフォームから。

株式システムトレード ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ
にほんブログ村

株システムトレードソフトイザナミ

株システムトレードのトレジスタ・ストラテジーオンライン

力強く進むのみ

9月 第12日 
確定損益 ▲32万円
当月確定損益 ▲95万円

今日も負けて泥沼状態。指数も良い伸びて皆さん利益を上げられたと思います。このような絶好の順張り日和にマイナスとは情けない!!
トレードはメンタルですねー。ストレスMAXで凹みそうですが、気落ちせずに頑張ります。
最近は異常に不運、悲運が続いています。私の場合、str通りの結果にならないのですが、それでも、幸運と不運が5分5分だと思っていました。

しかし、この3か月ほどは不運の連続で全て逆目、逆目にでる。
仕掛けに関しては
① 仕掛けミスによる機会損失
② 仕掛け躊躇による機会損失
③ 発注ミスによる実損
④ 不可抗力による実損
⑤ 思い付き発注による実損

最近は②仕掛け躊躇、⑤思い付き発注はあまりありませんが、①、③、④はstrの性格上避けられない。ここで機会利益が出てきてもよさそうなものですが、最近はほとんど記憶にないんですよね。①、③、④をやって、どうせ悪いほうに行くんでしょうよ!とふてくされていたら、そのとうり悪いほうに行っている。これって、ナポレオンヒルの思考は実現するってことなの?
こんなことを思いながら、厳しいトレードを続けています。そうそう、当然今日もでかいのを見逃していますよ。

まあ、悔やんでも仕方がないので、めげずに運用停止ラインまでは力強くいきます。そして運用停止ラインまで突っ込んだら運用停止します。ただそれだけ。
いつまでも確率的に起こりえない不運が続くとは思えない。絶対にありえないこと。


ポチっとしていただき、パチ(拍手)して頂くとやる気モリモリです。m(__)m
お問い合わせ、個別連絡は、ブログ右下段のメールフォームから。

株式システムトレード ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ
にほんブログ村

株システムトレードソフトイザナミ

株システムトレードのトレジスタ・ストラテジーオンライン

短期休暇

今日はトレードを休みました。また、木金も休みます。それで来週から再開します。
最近結果が悪いことに加え、凡ミスも多く、少しトレード疲れしているのかなと思います。
その間はザラバ観察でアイデアを出すのと、検証に時間をさきたいと思います。実トレードをしていないとまた違った感覚があり、新鮮な目でザラバを見れます。
その間はブログを休みます。


ポチっとしていただき、パチ(拍手)して頂くとやる気モリモリです。m(__)m
お問い合わせ、個別連絡は、ブログ右下段のメールフォームから。

株式システムトレード ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ
にほんブログ村

株システムトレードソフトイザナミ

株システムトレードのトレジスタ・ストラテジーオンライン