潜在意識とストラトジ開発

イザナミで一生懸命にストラトジ作りをしているときにはいい結果が出ないのに、それ以外のときにふっと良いアイデアが浮かんだ。
みなさんもそのような経験はありませんか?

私は、以前から私のルール群の弱点を補う ○○が○○になるようなルール を加えたい!と強く思っていました。しかしいくら検証しても満足のいくものが作れないのです。
やはりだめか・・・、それで開発をしばらく休んでいました。

ところがその後、朝の目覚めとともにふっとアイデアが浮かんだのです。そのアイデアはそれまで私が考えたこともない斬新なものでした。
それからというものそのアイデアを活かし何度も何度も検証を繰り返しました。
そして出来上がったのが今、私のルール群の中で稼ぎ頭に成長しているルールなのです。

最近読んだ『人生を変えるこころのブレーキの外し方』(石井裕之著)の中に次のような一説がありました。
意識が、考えるのをとっくにやめてしまった後も、潜在意識は、ずっと答えを求め続けている(P73)
答えが見つかるまで、決してストップしない(P74)

なるほどそうだったのか・・・。

私がこれから取り組もうと思っているのが分足を使った売買ルールなのです。
全体のイメージは
 ①寄りで仕掛け最長9:30までに手仕舞
 ②寄り付後急騰する確率の高い銘柄へ仕掛け
 ③利確、損切りはExcel VBAで完全自動化
 ④Application.OnTimeで10秒間隔で場を監視
 ⑤つもり売買で200回試行(約1ケ月)データをExcel上に保存
 ⑥データ及びチャートの分析
 ⑦少額ロットでの運用
 ⑧つもり売買と実運用の差異を検証
 ⑨本格運用

なぜ寄り付き仕掛けかと言いますと、
 ①実運用が容易であること
 ②特に寄付き30分の仕掛けは相当のスリッページが起こりうること
 ③アルゴは場の変動に乗じて活動するのであり寄り付きから仕掛けないだろうと思われることなどです。

寄り付後急騰する確率の高い銘柄は、
 ①売買代金、
 ②トレンド、
 ③過去○日間のボラティリティ、
 ④ティック回数、
 ⑤ギャップ率、
 ⑥寄付き前買気配量と売買代金の比率、
 ⑦NY前日比との関係性
などの組み合わせを点数化したものかなと考えています。
現段階で、仕掛け銘柄、利確、損切り基準など全くの白紙です。しかし、潜在意識に問いかけていますので何か良いヒラメキがあるのではないかと期待しています。

ポチしていただくとありがたいです。

株式システムトレード ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する