プロスペクトに仕掛けてみた

12:04分記事投稿

今日も寄付き前からizaRSSで急騰低位株を狙っていたが、プロスペクトが私の仕掛け条件に合致した。やはりデモトレでは臨場感がないのと、ある程度自信があったので寄り成りで仕掛けた。
若干ロットを落として12000株×64円、仕掛け金額76.8万。

プロスペクト

寄付きの段階で前日比56%と心理的に仕掛けにくいところであるが、このような心理的抵抗のあるところ、仕掛けが怖いところに勝機はころがっている。

普通に考えてみんなが怖いなら、なぜここまでギャップアップしているのか?
みんながGUは20%位が限度だと思っているのならここまで上がらないはず。それが、GU56%というのはやはり大口の思惑があるからだと思う。それと寄付き前の気配量も数億程度あったので、上髭大魔王にはならないと思った。

私の判断は以下のとおりである。
① 上値抵抗線が無くみんなハッピー状態なので売りが出にくい。
② 低位株であるので、小口の個人投資家が少額ロットで殺到する。
③ 様子見のトレーダーが上昇に耐えきれず、途中参入する。
④ 一攫千金トレーダーが参入する。
⑤ 浮動株が少ないので大口が一気に上げて利益をもぎ取る構図が見えた。

一旦71円のS高までいったが、しばらくして大口が大量の売りで振るい落としをかけた。66円まで押したが、66円くらいで大口がステルス注文でそのあたりの底値を拾ってた。
その後再度アイスバーグ注文(大口が手口を隠すために大量の注文を小口に分けて発注すること)で100万~300万株単位の買いが入っていた。

その後はまた大口が買いあがり、再度S高となったが、その後しばらくの間70円でのステルス注文が続いた。

ステルス注文とは、70円の売りが大量に連続して出ているのに、株価が下がらない。歩み株数と、気配量の減りが一致しないこと。つまり70円の売りが出るたびに大口が買い支えている。
この時点で、私は大口の思惑で今日はS高で引け、明日はギャップアップで始まると読んだ。さてこの読みは当たるのか?

後講釈になったらいけないので現在12:05分時点で記事をアップしておきます。


================================================

追加記事 15:23分アップ
本日確定損益 9万円
12月 第5日 月初より確定損益 ▲4万

昨日S高で2ロット持ち越したアズジェントがGD10%でこけて▲11万の損失になった。
12月の市場は私になかなか良い接待をしてくれない。

さてプロスペクトは買い残を多く残してS高引けとなった。読みが当たった。明日どれくらいのGUしてくれるか楽しみだ。30%位のGUも夢ではない。゜★' .:*:・☆:*:・'゜☆


ポチっとしていただき、パチ(拍手)して頂くとやる気モリモリです。m(__)m

株式システムトレード ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ
にほんブログ村

株システムトレードソフトイザナミ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する