資金管理のご質問への返答

読者の方より私の1月25日、26日の記事『独自の資金管理』および『ザラバ見ず』について以下のような質問を頂きましたので、私の考えを述べさせていただきます。

≪質問≫
今日のブログを拝見しましたが、複利運用でザラバを全く見ないのは危険ではないですか?最大DDや過去最大の下げは将来に起こるといいますし。

以前、ラルフビンズの「投資家のためのマネーマネジメント」を読みましたが、
ラルフビンズは「最大DDは予想できないが、最大損失はある程度コントロールできる。最適枚数は最大損失の関数だ」と書いています。なので、「指標発表日などはトレードをさけろ」と書いています。(投資家のためのマネーマネジメントのP188とP289を参考にしています。)

自分はこの本はほとんど理解できなかったのですが(笑)、この辺に影響を受けて、ザラバに地震や何とかショックがあった場合は、単利はともかく複利運用の場合は手じまうほうがいいのではないかと思うようになりました。

余計なおせっかいでしたら申し訳ありませんが以上のような感想を持ちました。

≪返答≫
■トレーダーとしての確立
確かにラルフビンスは数学者で理路整然と資金管理を体系的にまとめていると思います。私はパラパラとめくった程度ですが。
私は、正直言って、ラルフのような小難しい内容は肌に合いません。
自己検証と、トレード体験で、自分流の資金管理を作ってもいいわけです。

トレードは各トレーダーがどのような方針でトレードを行うかが全てです。
そして、それは、トレーダーのたゆまない検証やトレード体験に基づいて確立されるものです。

ここを踏まえておかないと、書籍、他人の意見、カリスマトレーダーのブログ、投資セミナーなどで、こう書いてあった、こう言ってあったといっては、ころころと自分の考えを変えることになります。

もちろん、いろいろな考えや手法を参考にすることは良いことですが、振り回されてはいけません。自分にとって正しい答えは自分の胸の中に眠っています。外部に求める必要はありません。

静かな部屋で、机の上にノートかコピー用紙をおいて、自分が知りたいと思うこと、反省していること、作りたいStr、なんでもいいですから、鉛筆で書いてみてください。そして、その文字をじっと見つめてみて下さい。そうしたら、答えは自分の胸の中に眠っているということが分かります。

■MAXDDについて
もちろん過去MAXDDは、いずれ更新されるでしょう。だから手堅く堅実にという考えも一理あります。

しかし、私の考えは違います。MAXDDが来る前にStr自体に期待値があるなら、さきに貯金をして、来るべきDDに備えましょうということです。

2013年以降のイザナミ検証上のMAXDDは私の場合、税引き前360万です。税引き後で288万です。
このMAXDDと同じDDが今後起こったとして、1800万の資金に対し288万を減らすことになります。
パーセンテージで16%です。私はこの倍の30%まで許容しています。

年初の資金は1500万でした。この場合288万に対するDDは20%になります。それが現在16%です。このように資金が増えれば増えるほどDDが小さくなります。

また、確率論からMAXDDの来る確率は、
2013年から4年間でトレード日数は1000日になります。明日MAXDDが起こる確率は1000分の1です。
それでDDを恐れずに期待値を取りに行って、資産を膨らませ、結果的にDDの比率を落とすほうが得策だと私は考えます。

それでも慎重派の方からトレード初日からMAXDDが来たらどうする。と言われれば、
① 仕掛け金額を落としてください。
② 投資元本を増やしてください。
としか、言いようがありません。

私のトレード方針は、年利200%のハイリスクハイリターンを目指す。
ですから、上記のような慎重な方とは、所詮意見が合わないわけです。

トレードは人それぞれの方針にそって行えばよいわけですから、
年利10%を目指す、でも良いわけです。何が正しい、間違いなどトレードにはありません。あくまでも、私はこうする。しかないのです。

DDに対する考えは、私のブログの『シストレで収益を増やすキモ』(記事はこちら)と題しての7番目に書きました。

■「指標発表日などはトレードをさけろ」

これはラルフの言っていることで、私は別に気にしません。メジャーSQも別に普通どおりです。それで不具合に思ったことはありません。
自分がどうしても気になるのであれば、トレードをしなければよろしいのかなと思います。

■この辺に影響を受けて、ザラバに地震や何とかショックがあった場合は、単利はともかく複利運用の場合は手じまうほうがいいのではないかと思うようになりました。
『単利はともかく、複利運用の場合は』の部分は記述がおかしいです。
つまり、単利、複利は資金の運用方法で、単利でも複利でも、現在資金が1800万円なら地震や、〇〇ショックが来ても影響は同じです。
現在の資金に対して許容DDを設けているわけですから。


ポチっとしていただき、パチ(拍手)して頂くとやる気モリモリです。m(__)m

株式システムトレード ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ
にほんブログ村

株システムトレードソフトイザナミ
 
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2017/01/28 (Sat) 13:55
  • #
Re: 相場観測シートのページにつきまして

○○さま 初めまして

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
下記宛 メールください。返信いたします。

treck743@gmail.com

  • 2017/01/28 (Sat) 15:55
  • キー坊 #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する