DDの谷までと回復期間

今年は1月から調子が良いのですが▲100万以上のDDが必ずやってきます。
それで、その傾向を知るために私が現在運用中のストラテジ群のDDとその回復期間をイザナミで調べてみました。実トレードではなく、イザナミ検証としたのは、実トレードでは心理が絡み客観データとならないからです。

以前記事で、DDの谷までの期間と、その後の回復期間はほぼ同じになると書いていましたが、期待値が正であれば、論理的にはDDの谷までより、回復期間が若干短くなるはずです。それで調べた結果下図のように、2013年から現在まで▲100万以上のDDは27回ありました。そして、DDまでの谷は平均3.2日、回復期間は平均2.9日となっています。

DD回復期間 

私は去年7月にBIG_DDを経験しましたが、その時は大幅にDD回復が遅れました。これは、DD期間の特殊な心理状態によるものです。

それで、自分のストラテジのDD傾向をつかんでいれば、今後ある程度DDが来ても冷静に対処できるのではないか、と思います。ただし以下の内容を前提と考えました。

① 期待値が正である。
まず、運用中のストラテジ群の期待値が正であることが絶対条件です。負であれば当然DDは回復しません。

② ストラテジの運用実績がある。
あとは、自分のストラテジの運用実績が大事です。期待値が正でも、実際にそこで利益を積み重ねてきた実績がないと、どうしても信頼感が出てきません。なので、自分の運用ストラテジで利益を積み重ねることは非常に大切なDD対策になります。

③ メンタルを考慮しないものとする。
メンタルを考慮しない場合上図のような数値になるのであって、DD期間中はメンタルが崩壊しそうになります。
このまま奈落の底に落ちるのではないか、全く勝てる気がしない、そもそもストラテジがカーブフィッティングではないか、相場が変わったのではないか、等々ネガティブな感情が先走ります。ここがDD回復を遅らせる原因となります。

私自身昨年7月のBIG_DDの時しばらく休んだり、ロットを落としたり、裁量を入れたりで対処しましたが、それが結局DD回復を遅らせる結果となりました。
しかし今は、早い時期にこのような強烈なDD(▲33%)を経験できて良かったと思っています。

④ 資金管理が同じ。
どうしてもDDになると安全策を取りたくなります。私も昨年のBIG_DD後は100万ロットを30万に落としたり、且つ裁量をしまくりという最悪の状態でした。しかし、ルールを作って、DD10%で仕掛け金額を70%に減らすなどのルールを作っていればそれに従ったらよいと思います。但しDD回復期間は遅くなります。その反面メンタル的には楽になります。ここは各トレーダーが決めることです。

⑤ 執行ミスが無い。
DD時には執行ミス、判断ミス、裁量、ポジション変更、など人間の心理上逆目をやってしまいます。しかし、そうせずにはいられない心理状態でもあります。ここを如何に克服するかにかかっています。対策の一例として、多くの検証をして、ストラテジに対する信頼感を持つことなどですが、ここは各トレーダーが真剣に考えるべきところです。


≪昨日の記事の訂正≫
昨日、2時間からの急騰で損失が利益になったと書いた後、
いつもは2時半からの悲劇のほうが多いのですけどね。
と書いておりましたが、これは訂正します。2時半からの幸運と、2時半からの悲劇は私の経験上、五分五分です。

ポチっとしていただき、パチ(拍手)して頂くとやる気モリモリです。m(__)m

株式システムトレード ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ
にほんブログ村

株システムトレードソフトイザナミ
スポンサーサイト

コメント

No title

キー坊さんは調子が良くてうらやましいですね。

上記の表ですがDD回復期間がとても短く感じますが、それはおそらくキー坊さんのストラテジが抜群だからだと思います。
つまり、上記の前提の①と②が抜群だからこそでしょうね。

私の場合で言いますと、2013~2015年は調子がよかった順張りがありまして、①と②の前提は2015年末までは満たしていましたが、もし2016年に改善しないでそのまま1年間運用していたら、年間では資金1000万円に対して-350万円のマイナスになっていました。(;´・ω・)

なので、①と②の前提が抜群ならばDDが深くなりはじめで資金を落としたり様子を見るという行為はマイナスになるかもしれませんが、多くの場合ではDDが想定外に大きくなってきたら、去年のキー坊さんがとった行動のように、資金を減らしたり様子を見るという行為は私は正しいと思いますね。


以前にまさやんさんのブログで「ストラテジが負けてきたら、むしろ条件を緩くして仕掛け数を増やす」ということが書いてあり、私は反対派でしたが、それも「ストラテジが中期的な不調ではなく、一時的な不調が大前提」ならば正しいと思います。

つまり、DDになったときに、中期的に不調ならばロットを落としたほうが正しいですし、一時的な不調ならばロットを落とさないほうが正しいということだと思います。

しかし、ストラテジが中期的に不調なのか、一時的に不調なのかは一般的には分からないため、中期的に不調である可能性に備えて、DDが想定外に深くなって来たらロットを落としたり様子を見るというのは、破たん確率を下げるという最優先事項を重視するならば正しいと思いますね。

キー坊さんのストラテジはDDになってもそれは一時的な不調であると判断できる実績があるから、ロットは落とさないほうが良いということになるかと思います。

なので、ストラテジが一時的な不調か、中長期的な不調になったのかが判定できるかどうかが、DDになったときにロットを減らすかそのままで行くかの分岐点になると思います。

ただ、その判定が難しいですよね。
一定期間あたりの勝率や期待値をモニターしていくという方式が現実的ですかね。

言っていることはキー坊さんと同じ方向性ですが書き出したら長くなってしまいました。笑

  • 2017/02/04 (Sat) 10:40
  • たけやん #-
  • URL
Re: No title

たけやんさん こんにちわ

コメントありがとうございます。

今回私が言いたかったのは、正の期待値があれば、DDの谷までと、DDの回復期間はほぼ同じくらいになるということでした。一例としてDDの谷まで10日で、回復が3ケ月かかるというのは原因として、

① Str自体の日々損益の乱高下が激しく、たまたま爆損が連発した。
② ポジション量を落とした。
③ 新たに開発し、フォワード監視をしていないストラテジなどを追加した。
④ ストラテジ通りの仕掛け、手仕舞をおこなわなかった。

などが考えられます。


> 私の場合で言いますと、2013~2015年は調子がよかった順張りがありまして、①と②の前提は2015年末までは満たしていましたが、もし2016年に改善しないでそのまま1年間運用していたら、年間では資金1000万円に対して-350万円のマイナスになっていました。(;´・ω・)

■そうですね。2013~2015年と2016年では順張り環境が全く違ってきています。


> なので、①と②の前提が抜群ならばDDが深くなりはじめで資金を落としたり様子を見るという行為はマイナスになるかもしれませんが、多くの場合ではDDが想定外に大きくなってきたら、去年のキー坊さんがとった行動のように、資金を減らしたり様子を見るという行為は私は正しいと思いますね。


■それまでの検証にないような、DDの更新だったので面食らいました。Strも2013年以降機能しているものと、20004年からの全期間機能しているものとで信頼感がちがうと思います。2013年以降機能しているものは、機能しなくなるのも早いと思いますので、私も慎重に日々の損益の出方を注視しています。


> 以前にまさやんさんのブログで「ストラテジが負けてきたら、むしろ条件を緩くして仕掛け数を増やす」ということが書いてあり、私は反対派でしたが、それも「ストラテジが中期的な不調ではなく、一時的な不調が大前提」ならば正しいと思います。


■私も実際に上記のようなことはできません。今年、ある順張りが不調で今は運用停止していますが、そのStrを上記のようにしていたらかなりの損失を喰らったと思います。


> つまり、DDになったときに、中期的に不調ならばロットを落としたほうが正しいですし、一時的な不調ならばロットを落とさない ほうが正しいということだと思います。
> しかし、ストラテジが中期的に不調なのか、一時的に不調なのかは一般的には分からないため、中期的に不調である可能性に備えて、DDが想定外に深くなって来たらロットを落としたり様子を見るというのは、破たん確率を下げるという最優先事項を重視するならば正しいと思いますね。


■トレードは長期間継続することが必須ですから、耐えられないようなら運用停止したほうが良いですね。しかし、そのようになるのはそもそもそのStrに対してポジションが大きすぎることも考えられますし、運用Str全般に許容DDを儲けて安全率をかけて運用したほうが良いですね。


> キー坊さんのストラテジはDDになってもそれは一時的な不調であると判断できる実績があるから、ロットは落とさないほうが良いということになるかと思います。
> なので、ストラテジが一時的な不調か、中長期的な不調になったのかが判定できるかどうかが、DDになったときにロットを減らすかそのままで行くかの分岐点になると思います。


■私もあるDDの幅によってロットを調整するようにしています。


> ただ、その判定が難しいですよね。
> 一定期間あたりの勝率や期待値をモニターしていくという方式が現実的ですかね。
> 言っていることはキー坊さんと同じ方向性ですが書き出したら長くなってしまいました。笑


■そうですね。これは、もう毎日そのStrの損益の出方を監視していくことと、実トレードで何千という実績を積むことと、そのStrで利益が出る人間心理が存在してるか、ということを考えてみることなどが大切ではないかと思います。

いろいろとご指摘ありがとうございました。

  • 2017/02/04 (Sat) 12:14
  • キー坊 #-
  • URL
No title

キー坊さん、こんにちは。

たけやんさんへの返信で少々気になったのですが、キー坊さんって今年既に運用停止したルールがあるんですね。

ブログを読んでいてストラテジに信頼性があれば谷があっても戻りますってお考えなのかな~と受け取ったのですが、運用停止にしたものは記事の①②がNGだったり何らかの停止基準に抵触したんでしょうか?

私なんかは特定のストラテジが不調な場合は毎回多角的に調べるんですが、最終判断は感覚的なものだったりします。

なので停止基準とか設けてるなら参考にできるとありがたいなと思いまして。
もし不都合なければ教えて下さい。

  • 2017/02/04 (Sat) 17:05
  • しろすけ #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する