VBAチートシート

シストレを行う上で頻繁にエクセルとVBAを使うのですが、以前はその都度ネット検索したり、過去作ったコードを探してコピペしていました。しかし、これが頻繁になると結構面倒なんです。それでメモ帳に書いて、タスクバーにピン留めすることにしました。

これってすごく便利です。それで以下にその内容を貼りつけます。これらのコードは私が頻繁に使うコードです。ご自分用にカスタマイズしてご利用ください。
i、endr(最終行)などは変数です。

■貼付け
Range("A1").Select
ActiveSheet.Paste

■コピー貼付け 計算式などを貼りつける
Sheets("分析").Range("W1").Copy Range(Cells(2, 15), Cells(endr, 15))

■クリア
range("A1:Z100").Clear
range("A1:Z100").ClearContents
range("A1:Z100").ClearFormats
cells.Clear

■セル色を消す。
Range(Cells(2, 1), Cells(endr, 10)).Interior.Pattern = xlNone

■最終行を求める。
endr=Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row

■計算式代入
Range(Cells(2, 26), Cells(endr, 26)).Formula = "=Z1+H2"
Sheets("発注").Cells(i, 12).Formula = "=IFERROR((J" & i & "-I" & i & ")/I" & i & ",0)"

■値検索
Cells(i, 25) = "=IFERROR(VLOOKUP(C" & i & ",検索範囲,3,FALSE),"""")"

■値代入
Range(Cells(5, 2), Cells(endr, 2)).Value = Range(Cells(5, 13), Cells(endr, 13)).Value

■シート上の20170430 形式を日付型に変換する関数
=DATEVALUE(TEXT(B2,"0000!/00!/00"))

■画面表示更新停止 計算を高速化するため
Application.ScreenUpdating = False

■文字削除 数値として扱うため 
Selection.Replace What:="百万円", Replacement:=""
Selection.Replace What:="円", Replacement:=""
Selection.Replace What:="株", Replacement:=""

■並べ替え 昇順、降順
ActiveSheet.Sort.SortFields.Clear
ActiveSheet.Range("A:M").Sort Key1:=Range("A2"), Order1:=xlAscending, Header:=xlYes
ActiveSheet.Range("A:M").Sort Key1:=Range("B2"), Order1:=xlDescending, Header:=xlYes

■コピー選択範囲点滅を消す
Application.CutCopyMode = False

■進捗状況をステータスバーに表示
Application.StatusBar = CInt(i * 100 / endr) & "%"

■書式設定
Range(Cells(2, 13), Cells(endr, 13)).Style = "Comma [0]"
Range(Cells(2, 13), Cells(endr, 13)).NumberFormatLocal = "[赤]+0.00%;[青]-0.00%"

■カラー表示
Cells(i, 13).Interior.ColorIndex = 3
Cells(i, 13).Font.ColorIndex = 6
Range(Cells(endr + 1, 1), Cells(endr2, 33)).Interior.Color = RGB(215, 215, 215)

■カラーインデックス 
赤=3 黄=6 青=5 黒=1 ピンク=7 ベージュ19 グレー15 白=2

■ワークシート関数
WorksheetFunction.Average(Range("A1:A100"))

■列幅変更
Columns("M").ColumnWidth = 10

■楽天RSS表示
Sheets("発注").Cells(i, 10) = "=RSS|'" & Cells(i, 3) & ".T" & "'!始値"

■スリープ設定 1秒止める 
Declare Sub Sleep Lib "kernel32" (ByVal dwMilliseconds As Long)
Sleep 1000

■CSV書出し hyperSBI形式に変換
Open "C:\Users\●\Desktop\銘柄.CSV" For Output As #1

For i = 2 To endr
If Cells(i, 3) <> Cells(i + 1, 3) Then
Print #1, "'" & Cells(i, 3) & "," & Cells(i, 5) & ",TKY,,,,,----/--/--"
End If
Next
Close #1


ポチっとしていただき、パチ(拍手)して頂くとやる気モリモリです。m(__)m
お問い合わせ、個別連絡は、ブログ右下段のメールフォームから。

株式システムトレード ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ
にほんブログ村

株システムトレードソフトイザナミ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する