情報過多の弊害

7月 第13日 
本日確定損益 13万円
当月確定損益 18万円

今日は勝てて良かった。今月不調の原因は運用strの問題ではなく、テストstrで大きめのポジションを建てていたため、それでガッツリと持っていかれたのと、その他、原因が明確なものです。それで、現在100万を越すDDですが、それほど悲観していません。

タイトルの件ですが、現在IzaRSSで寄付き前から相場を見ています。これはトレードステーションの気配値、気配数量とIzaRSSを連携させており、8時過ぎには、S高貼りつき銘柄や、気配金額がわかります。それで、どの銘柄や、どのジャンルに資金が向かっているのか等確認できます。これは、これで素晴らしいのですが、逆に情報が多いと、情報に煽られる弊害もあるわけです。

今日もプラマテルズ(2714)の板が売りと買いで10倍近く差があったので、比例配分狙いで8時過ぎには寄り成り注文を入れていました。最初は値幅上限1tick下に逆指を入れようかと思いましたが、30万程の少額であったので、剥がれてもまた戻すだろうと能天気に構えていました。そうしたら、あれよあれよのダダ下げで▲10%程やられました。しなければよかった。( ;∀;)

焦点がぼけた文章になりましたが、要は、情報が多くても、それを利用するトレーダーによって有益なものにもなるし、害になることもあるということです。私の場合、どちらかというと害のほうが多いように感じます。

今月も主力strだけに専念していたら、100万の損失はふせげていました。情報過多は要注意です。


ポチっとしていただき、パチ(拍手)して頂くとやる気モリモリです。m(__)m
お問い合わせ、個別連絡は、ブログ右下段のメールフォームから。

株式システムトレード ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ
にほんブログ村

株システムトレードソフトイザナミ

株システムトレードのトレジスタ・ストラテジーオンライン
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する