FC2ブログ

我慢の時期

8月 第17日 
本日確定損益 ▲18万円
当月確定損益 32万円

本日はスカッと負けました。今日口座残高の推移を見たら、6月27日から約2ケ月で▲16万となっており、資産が増えていません。停滞期ですね。このような時に、私は過去検証結果をよくするためstr改良はしません。ザラバ観察や、チャート上の特徴、市場参加者の心理、経済情勢、世界情勢の変化など何か明確な根拠があれば必要でしょうが、ただ、何とか利益をだしたい、損をしたくない、と言っては、パラメータをいじってみることに何か意味があるのかなと思っています。

それと、よく、2000年よりきれいな右肩上がりの資産曲線、などの文言がありますが、資産曲線はあくまで曲線であって、資産直線ではない。17年間の曲線を遠くからみると滑らかでも、半年間停滞期があっても目立ちません。しかし、実践では半年間のらりくらりと利益が出ないstrを運用できる人がどのくらいいるでしょうか。私は2か月間の資産停滞でも少々ストレスが溜まります。こういったところがシストレの難しさかなと思います。

よく市場心理などと言われますが、要は自分がトレードしているときの気持ちです。私は毎日急騰銘柄は30秒足でザラバを見ていますが、急騰するときは、30秒足であっても売買代金が2~3億になることもあります。みんな乗り遅れたくない!という衝動に駆られて買ってきます。
しかし実際は吹いた時は売り時ですね。みんなが買っているときに買ったらみんなと同じ行動です。短期トレードがゼロサムならば、みんなと同じ行動をしたら勝てないというのは容易にわかります。

アベノミクス初期など、相場自体が右肩上がりの時はゼロサムではなく、プラスサムになるので、みんなと同じ行動でも利益が出ますが、昨今のボックス相場ではゼロサムです。

それで、私は買いよりも空売りのほうが好きです。これは、上がりそうな銘柄を探すよりも、上げた銘柄で、そろそろ頭打ちになったなというチャートを探すほうが楽だと思うからです。急騰した銘柄の下げる確率は高いですが、急落した銘柄はそのまま地べたを這う、通常底練りと言われる傾向が強いと思っています。下げた銘柄を上げるには相当のパワーを必要とします。まして、現在のボックス市況ではなおさらです。

まとまりのない文章となりました。


ポチっとしていただき、パチ(拍手)して頂くとやる気モリモリです。m(__)m
お問い合わせ、個別連絡は、ブログ右下段のメールフォームから。

株式システムトレード ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ
にほんブログ村

株システムトレードソフトイザナミ

株システムトレードのトレジスタ・ストラテジーオンライン

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する