デイトレ5大ツール

11月 第1日 
本日確定損益 7万円
当月確定損益 7万円

今日も月初から仕掛けミスして4万の損害、それが無ければ、11万だったのに残念。仕掛けミスの無いようにVBA修正。

よくデイトレの3大ツールは、5分足チャート、騰落率ランキング、板と言われますが、誰でも思いつく、この3大ツールだけで1年間を通して勝てる人ってどれだけいるのでしょうか?かなり職人技とメンタル面の修練が必要な気がします。

私が今後メインにしようと思っているのが、先日も書きました、システム裁量です。ロジックはできていますが、まだ実践と、実績がともなっていません。最初は調子よく利益を出したのですが、今は横横になっています。それで、小さく仕掛けて訓練しています。

イザナミで銘柄を抽出し、IzaRSSで監視し、チャートで仕掛け位置を確認する。また、トレードステーションの分足チャートで過去検証する。といった内容です。

これが私のデイトレ5大ツールです。
① イザナミ 
② IzaRSS 
③ 楽天RSS 
④ Kabu.comリミットマインダー 
⑤ トレードステーション分足チャート

ランキングは一切見ません。イザナミが抽出した銘柄をIzaRSSに貼付け一定時間ごとに監視します。
この分野が定型化すると、毎日多数のシグナル銘柄が出てペイオフレシオの高いトレードができると期待しています。また、ランキング銘柄ではとらえきれない初動銘柄を早い段階でキャッチできます。

ペイオフレシオが高いとは、下値が限定されていること、したがって大負けをしない。順行すると、S高が8%前後出現する。

一方、株本などに書かれている騰落率ランキング上位銘柄に仕掛けていくと、上げ幅も大きいが、下げ幅も大きい。それで、私のような裁量センスの無い人間だと、ペイオフレシオ1.0、勝率50%位がやっとか。つまり期待値が無いということ。

一方システム裁量だと、仕掛け、手仕舞いに裁量を入れるので正確ではないけど、イザナミで概略のトレード指標が確認できます。ここが強みです。

私も株本100冊、トレード商材11本程買いましたが、
① その手法で年間を通して勝てるのか?
② その手法は実トレードでメンタルが維持できるのか?

といった視点で書かれたものは少ないと思います。システムトレーダーは常に確立と統計でトレードを見るので、
よし、このStr群で年間〇〇万の利益は出せそうだ。また、日次や、MAXDDもこれくらいは覚悟しよう。などとある程度の予想がつきます。ここが、シストレの良いところです。

さて、システム裁量の難点は ザラバに常時張り付いて監視していないといけないことです。

しかし、会社で事務系をやっていれば、9時~5時、デスクに張り付くことになります。トレードは午前2時間半、午後2時間半で一般の事務系に比べて短時間です。トレードをビジネスとして考えれば当然の業務だと言えます。


ポチっとしていただき、パチ(拍手)して頂くとやる気モリモリです。m(__)m
お問い合わせ、個別連絡は、ブログ右下段のメールフォームから。

株式システムトレード ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ
にほんブログ村

株システムトレードソフトイザナミ

株システムトレードのトレジスタ・ストラテジーオンライン

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する