FC2ブログ

空売りの利確

5月 第15日 
本日確定損益 13万円
当月確定損益 57万円

本日もある空売りで裁量利確を入れました。
先日空売りを辞めようか?という記事を書いておきながら、また空売りの記事ですが・・・(-_-;)
私自身はかなりの空売りトレードをやってきたので、やはり思い入れがあります。

以前にも書きましたが、空売りは手仕舞いに裁量を入れています。ただし急騰した場合の損切はしません。裁量を入れるのは寄り付き直後に急落した場合など3か所のみです。

ではなぜ、シストレなのに裁量を入れるかですが、あるポイントはかなりの再現性があると思っているからです。

急騰銘柄の翌日、ギャップアップした銘柄は、ホルダーが、マウスの人差し指に集中して、どこで利確しようかと狙っています。

しかし寄り付き直後の攻防で上昇しないとみると、みなこぞって利確に走ります。『利益を減らしたくない。』 『このままホールドしていたらどこまで下がるかわからない。』 『利確してメンタル的に楽になりたい』など心理は様々でしょうが、売りが売りを呼んで、大きな陰線をつけることがあります。

一方、逆張りトレーダーは底値を拾おうと下げ止まりを待っています。ということで、どこかの時点で下げが止まります。時間にしたら、9時20分から10時くらいの間でしょうか。

ここで、私が目安としているポイントは、昨日の日足実体の胴上値から1/3~1/2あたりです。2/3位まで下がることもありますが、そのあたりは臨機応変に考えています。

急騰銘柄の翌日の日足を見るとわかるのですが、大体、上記数値くらいまで下げているものが多いと思います。逆に言うと、2/3より下げるものはあまりないということです。

空売り裁量
利確ポイントの2か所目は、寄り付きより一旦上昇し、その後だらだらと下げるタイプです。
この場合、午後1時から2時半くらいに底値を付けることが多いです。底値を固めていたらここで利確することもあります。なぜなら、底が固まったということで、2時以降引けにかけてリバってくることも多いからです。

3か所目は、後場寄り付きで大幅にギャップダウンした時です。この場合かなり乱高下しますが、その後リバってくることが多いので、後場寄り付きで利確します。

他に参考にするのは、
① 当日の指数チャートが上下どちらのトレンドか、またはレンジか?
② 板の注文数、大きな節があるならその手前に指値。
③ その銘柄の過去の人気度合い。または一発屋か?
④ 昨日、今日の出来高。
⑤ 当日高値からどれくらいの下落か?
⑥ そして最後はやはり、ザラバ5分足の波形です。


ポチっとしていただき、パチ(拍手)して頂くとやる気モリモリです。m(__)m
お問い合わせ、個別連絡は、ブログ右下段のメールフォームから。

株式システムトレード ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ
にほんブログ村

『株システムトレードソフト イザナミ』♪無料ダウンロードはこちらから♪
株システムトレードソフトイザナミ
売買ルールを選ぶなら『トレジスタ・ストラテジ・オンライン』から♪
株システムトレードのトレジスタストラテジーオンライン

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する