FC2ブログ

Str改良順張り編

5月 第18日 
本日確定損益 13万円
当月確定損益 79万円

今日押し目系Strのクラウドワークス、ダブルポジが反発してくれて利益になりました。最近押し目系が調子いいですね。

この押し目系は動かないときは全く動きませんが、一旦動意づくと一気に動きます。これは直近で大きく動いた銘柄の押し目は急騰時に多くのトレーダーが参戦しており、再度動意ずくのを監視しているからです。

さて、今日はStr改良に関する記事を書いてみます。
私がいままで一番信頼してきた順張りStr(逆指値発注ではない)が、昨年9月より4ヶ月間停滞しました。1~2ヶ月調子が悪い時期は何度か経験しましたが、やはり4ヶ月横横だとどうしてもモチベが維持できません。

現象としては、以下の通りです。
① それまである一定割合で出現していたS高がほとんど出なくなった。
② 寄り付きより上昇するものの、引けにかけて下げる銘柄が増えた。
(前場含み益だったものが後場から含み益が吹き飛んだ)
③ ザラバで一方的に下げる銘柄が増えてきた。

これは昨年9月ごろから、おかしい、おかしい、と思いながらも、資産曲線がマイナスではなく横横なので、いつかは調子が戻ってくるだろうと運用を続けていました。しかし一向に回復しません。
Strが機能しない原因は、

① カーブフィッティング
② マーケットインパクト
③ ノンフィット
④ 寿命

などが考えられると思いますが、今回のケースは③のノンフィットと思いました。それは2015年から運用していて、これまで3年近く機能してきたからです。

ノンフィットとは、Strは機能しているが、相場とのフィット感が無くなり、儲けにくくなっている状態です。

前述のように、これまでは前場上昇し後場からもその勢いが継続していたものが、後場から伸びなくなったようなケースが考えられます。要するに相場に勢いがなくなっている状態です。

これは確かに2017年後半からは感じるようになりました。2010年~2012年とまでは言わないまでも確かに勢いがありません。

それに私は2014年からの検証でStrを作っているので、その影響もあると思います。つまり勢いがあることを前提として成り立っているStrであるということです。

それで、これまでのように利益を大きく伸ばそうと考えるより、小刻みに利益を確定しようということで昨年末に手仕舞い条件を変更しました。

しかし、それでも調子が出ないときがたまにあるので、今月に入ってザラバで腰折れしそうな銘柄を排除する仕掛け条件を一つ追加しました。

このStrは昨年までは爆益を得るためのStrでした。20%、30%、時には50%を狙っていくものです。しかし、現在はコツコツ利確型に改良しています。

以下は、改良前、改良後の画像です。

Str改良前後
収支
1月前半は順張り天国で、改良しなかったほうが断然良かったです。
このようなことはよくあることです。その時点では、やはり改良前に戻そう、とか、いや一度決めたことだから3ヵ月は継続しよう、とかいろいろと迷うものです。1月は若干そのように心理がぶれました。

結果として、改良以前のままだと、1月前半打ち上げ花火があがって、以降は停滞から衰退に向かっています。

アベノミクス指数曲線もそろそろ天井かなと思う昨今、このStrにおいて利益追求型から、コツコツ利確型に変更したのは良い判断ではなかったかなと思っています。

ポチっとしていただき、パチ(拍手)して頂くとやる気モリモリです。m(__)m
お問い合わせ、個別連絡は、ブログ右下段のメールフォームから。

株式システムトレード ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ
にほんブログ村

『株システムトレードソフト イザナミ』♪無料ダウンロードはこちらから♪
株システムトレードソフトイザナミ
売買ルールを選ぶなら『トレジスタ・ストラテジ・オンライン』から♪
株システムトレードのトレジスタストラテジーオンライン

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する